マンションの外壁塗装は実績豊富な専門業者に頼もう

集合住宅の資産価値維持

マンション

外壁塗装はマンションの資産価値維持のためには欠かせないものです。マンションの外壁塗装を業者に依頼する場合の選び方には大切なポイントがあります。業者選定のためのポイントとしてはまず、建設業許可票を取得している業者を選ぶことです。この許可票は請負金額が500万円以上の工事をおこなう業者に取得が義務付けられています。マンションの外壁塗装の場合、この請負金額の下限を超える場合がほとんどですので、きちんと許可を取得している業者は信頼できる業者かどうかを見極めるポイントとなります。次に業者の提示する見積書の内容の確認も大切です。価格の安さだけでなく、見積書の内容が適正かどうかも業者の信用力を見極めるポイントとなります。見積書上の工事内容欄などに具体的な塗料メーカー名や塗料のグレードなど、どこまで正確で詳細に記載されているかを確認します。さらに業者用の保険加入の有無やアフターフォローの有無も確認します。業者用の保険は請負期間中に業者が事故を起こしたような場合でも保険会社から保証が受けられます。アフターフォローは業者が請け負った仕事に瑕疵が見つかった場合、保証として修復が受けられるものです。また、厚生労働省大臣認定の「一級塗装技師」や国土交通省大臣認定の「塗装工事業許可証」などといった資格や許可票を取得済みかどうかも確認してみましょう。このような資格や許可証は必ずしも外壁塗装をおこなう業者に取得が義務付けられているものではありませんが、資格があるということは実務経験や技能の証明となり、業者選定の際の一つの目安となります。さらに業者がホームページを開設している場合にはその内容も見てみます。それまでの業者のマンション外壁塗装に関する業務実績や代表者のプロフィールから業者の取り組み方などが見えてきます。

塗装

日程を確認しよう

大阪で外壁塗装を行う場合、日程や作業工程をチェックしておきましょう。外壁塗装はまず、ご近所への挨拶から始まります。次に足場を組んで高圧洗浄した後、養生を行います。そして、検査をしてから下塗り、中塗り、上塗りと順序よく行っていき、最終検査が終わると、足場解体するという流れです。

一軒家

外壁の塗り替え時期と効果

外壁塗装で使われている塗料には、機能性を持ったものや美観効果を高めるものなど様々な種類があります。三重の塗装業者は施工主と相談しながら適切な塗料を選び、建物に合った塗装方法で工事を行っています。また、外壁塗装工事の際には屋根の塗装や補修も行っており建物全体の防水効果を高めています。

壁

建築業者を選ぶときは

自分が住む住宅の外壁塗装は、10年から15年の間隔で実施する必要があります。外壁塗装を行うことで、住宅の寿命を延ばします。福岡市内には、外壁塗装を専門で行う塗装業者が複数営業しています。塗装工事を依頼する場合には、複数の業者から見積りをとり、工事内容等の説明を受け、良心的な業者を選ぶ必要があります。