マンションの外壁塗装は実績豊富な専門業者に頼もう

外壁の塗り替え時期と効果

一軒家

塗料の劣化と塗り替え時期

外壁の塗料は建物の外観デザインを美しく見せる役割と雨水の侵入を防ぐ防水の役割を持っています。しかし、紫外線や雨などの影響によって塗料が劣化してしまい美観効果や防水効果が減少していきます。外壁塗装は新築から約10年が塗り替え時期といわれており放置していると、外壁に亀裂が入ったりカビやコケが生えたりするようになります。塗料の防水効果がなくなった外壁は雨水や湿気が建物内に入り込むようになり、雨漏りや室内にカビが生える原因にもなります。このような状態になると改修工事が必要になって費用の負担も増えてしまいます。外壁塗装は大掛かりで費用面が心配という方もいますが、定期的な外壁塗装の方が結果的にはお得になる場合もあります。三重の業者は外壁塗装工事をする際に屋根の塗装の点検もしています。屋根の劣化は気づきにくいので外壁塗装工事の際に確認してもらい補修しておきましょう。三重の業者は外壁材にあった塗料や予算にあった塗料についてアドバイスをしています。また、塗料の種類には防水、断熱、光触媒などの機能性を持ったものや美観効果を高めるものなどがあり施工主の希望に応じて選ぶことができます。塗料の種類や機能などは個人では難しいので、三重の業者と相談しながら決めるようにします。三重の海に面している地域では塩害の被害も受けやすくなっています。塗料の劣化は建物本体の腐食にも繋がりますので定期的に外壁塗装を行うようにしましょう。